Inquring based learning.

解く から 問う へ

|

現代文 Anchor

問うて議論すれば
読解力は伸びる

詳しく知る

Compass

みんなの良い問いをシェアするアプリ

アプリを開く

問いボット(仮)

ウザいくらい
問いを投げるボット

詳しく知る

Philosophy

問うことを通じて、
「ラベルを剥がす力」を醸成する

私たちは、様々な言葉の"ラベル"をつけることで概念を理解しています。

その一方で、しばしば、

そうしたラベルを通してしか概念を見つめることができない

という事態に陥ることも事実です。

Schipでは、

そのようなラベルの存在をしっかりと認識した上で、

時にはそのラベルを剥がし、

自在に張り替えることのできる力を育むことが、

学びの真髄であると考えております。

このような「ラベルを剥がす力」は、

読解力、発想力、課題設定能力、プロジェクト・マネジメント能力など、

種々多様な能力の基礎でもあります。

ラベルを剥がす力についての詳細

そして、この「ラベルを剥がす力」は、

与えられた情報やテキストをただ受け入れるのではなく、

自ら問いを立て、ツッコミを入れ続けていくこと

によってしか育まれません。

こうした問いを立てること中心の学びが、

Schipのメソッドです。

Schipメソッドの詳細

Schipは、このような

問いを中心とした学びをデザインし、

「ラベルを剥がす力」を醸成していくことによって、

人類の知性の進化を応援したいと考えています。

Schipのミッションステートメント

Schip Talk

Team

小玉祥平

小玉祥平


Webエンジニア

Footbook創業者

東京大学教養学部卒

亀岡恭昂

亀岡恭昂


一般社団法人Fora 理事・共同代表

東京大学公共政策大学院人材政策ユニット Project Specialist

東京大学大学院 教育学研究科 教育心理学コース修士1年

東京大学教育学部卒

谷口祐人

谷口祐人


慶應義塾大学 政策・メディア研究科修士1年